はじめに

SFAssistとは

このアプリケーションは、Sales Force Assistantシリーズと連動してお知らせ便をリアルタイムで受け取ったり、最新情報を取得することができます。
また、音声認識機能により、顧客情報やパーソン情報を検索することもでき、営業活動のお手伝いをしてくれます。
その他にも、NI Collabo 360と連動して、アプリから在席状況を変更することもできます。
いつでもどこでも、気軽にSales Force Assistantシリーズを使える、それがこのアプリです。

利用イメージ

動作環境

iOS11以降

認証・プッシュ通知

認証のしかた

認証とは、Sales Force Assistantシリーズのユーザー情報を利用して、アプリを利用できるようにするための設定です。
認証する方法は、QRコードを読み込むまたは連携先情報とID・パスワードを入力する2つのパターンを用意しています。
パソコンが手元にない場合などは、パスワード認証を利用してください。

QRコード認証

  1. 「QRコード認証」をタップしてください。
    ※QRコード認証を読み込むためには、アプリからカメラへのアクセスを許可する必要があります。
    カメラへのアクセスを確認するダイアログが表示されたら、許可をタップしてください。

  2. 起動したカメラより QR コードを読み込んでください。
    読み込むQR コードは「Sales Force Assistantシリーズ」にログインし、
    オプション設定 > 基本設定 > スマートフォンアプリ > 認証 に表示されています。

QRコードを読み込む

パスワード認証

  1. 連携先 URL を入力してください。
    連携先URLは「Sales Force Assistantシリーズ」にログインし、
    オプション設定 > 基本設定 > スマートフォンアプリ > 認証 に記載されています。

  2. ID、Passwordを入力し、接続ができれば完了です。
    ※「Sales Force Assistantシリーズ」の標準版にログインするときのID、Passwordです。

パスワード認証

プッシュ通知を設定

新着情報や変更情報の通知をリアルタイムに受け取る必要のないものは、プッシュ通知をOFFにできます。
※初期インストール時はすべての機能がプッシュ対象です。

プッシュ対象
プッシュ通知とは

アプリから手動更新を行わなくても自動的に新着情報を取得し、通知音やバイブレーションでお知らせします。
お知らせ便はこの設定にかかわらず、それぞれの設定に従って通知されます。

  • プッシュ通知がされても、アプリで確認する前にPC側で確認された場合は、アプリ側には表示されません。

  • プッシュ通知は通常10~20分間隔で届きますが、サーバーの負荷状況によって前後することがあります。

  • プッシュ通知される時間帯は、システム設定より設定されています。
    システム設定 > 運用管理 > アラーム通知/プッシュ通知

  • アプリを14日以上利用しなかった場合、その端末に対するプッシュ通知の送信は中止されます。
    プッシュ通知を利用したい場合、アプリを起動すると、通知が再開します。

  • そのほか、プッシュ通知が来ないときの解決方法など、プッシュ通知に関する情報があります。
    以下をご参照ください。
    よくあるご質問:スマートフォンアプリ編

SFAssistの使い方

通知

アプリケーションを起動すると、最初に表示される画面です。
通知を受け取ると、リストに通知内容が表示されます。
更新ボタンをタップすると最新情報を取得し、リスト内の情報を更新します。

通知

アシスタント

PC版と同じく、レベルに応じて様々なアクションをします。

通知詳細

リストをタップすると通知詳細を開きます。
[GoodJobボタン]から、アシスタントにGoodJobポイントを付与することができます。
[Thanksボタン]をタップすると、PC版と同じくアシスタントにプレゼントを贈ることができます。(アシスタントレベル8級から)
プッシュ通知の設定をしていると、着信音とバイブレーションでお知らせします。
この通知内容は、履歴からも確認することができます。

更新ボタン

タップすると最新情報を取得し、リスト内の情報を更新します。

履歴

通知の履歴を表示します。
最大で過去7日分、または過去1000件分を表示します。
リストをタップすると、詳細情報が開きます。

履歴

スティッキーメモ

スティッキーメモの作成・編集・削除を行います。
画面下部の[メモ]をタップすると、スティッキーメモ一覧画面が開きます。
画面上部にあるメモをタップすると、PC版Sales Force Assistantのスティッキーメモと同期した編集画面が表示されます。
外出先からでも、PCから登録したスティッキーメモの内容を確認することができます。
スティッキーメモを新規登録する場合は、プラスボタンをタップすると、新規登録画面が開きます。
ハッピーバースデイ通知などの通知を転記したスティッキーメモも、参照することができます。

スティッキーメモ

予定

スケジュールを確認します。

予定

今後の予定

直近24時間の予定一覧です。
リストをタップすると、スケジュール詳細画面を開きます。
商談情報や業務情報から登録された予定は、Web版の予定画面が表示されます。
また、上部の[Webで開くボタン]からWeb版のNI Collabo 360スケジュールを開くことができます。

「NI Calendar」アプリとの連携

弊社製品「NI Calendar」アプリをご利用されている場合、「NI Calendar」アプリの画面が開きます。

顧客検索

音声認識機能を使ったSFA検索機能です。
アシスタントに話しかけることにより、音声を認識して検索します。

顧客検索
  1. [顧客検索]をタップすると、音声認識のダイアログが表示されます。

  2. そこで検索したいキーワードをマイクに話しかけると、音声の単語を認識して、顧客情報・案件情報・パーソン情報を検索します。

  3. 検索結果をタップすると詳細画面が開き、情報を参照することができます。
    検索結果は最大で15件まで表示されます。

在席区分

在席区分を変更します。

Note

NI Collabo 360をご利用中で、行先伝言共有をご利用中の場合のみ利用できます。

在席区分

在席区分をタップするとダイアログが開き、在席状況を変更することができます。
行先や備考など詳細に入力したい場合には、詳細入力をタップすると、Web版のNI Collabo 360の在席状況編集画面を開きます。

便利なオプション

SFAssistの設定は設定およびアプリの設定から行なうことができます。
メニューアイコンをタップし、各画面を表示してください。

在席変更漏れ通知の設定

オフィスを離れた時に、在席区分を変更し忘れていたらお知らせする場合には、タップして通知をONにします。
オフィスの場所をタップするとダイアログが開きます。
[現在値をオフィスに設定する]をタップすると、現在地をオフィスの場所に指定できます。
またテキスト入力欄から、オフィスの場所を指定することもできます。
※位置情報の利用許可が要求されます。
 利用を許可しないと再度要求されます。

在席区分

アプリの設定を変更

通知方法やカメラへのアクセスなど権限を設定する場合にご利用ください。

関連情報

クライアント証明書

Note

本機能は通常はシステム管理者からの連絡・案内があってから利用する機能です。特に案内がない、あるいは、ご利用の予定がなければ本節は読み飛ばしていただいて結構です。

NIコンサルティングが提供しているiOSアプリでは、特定端末からのアクセスのみを許可する手段としてクライアント証明書を利用した通信方式をサポートしています。
クライアント証明書を使うためには対象アプリ内に使用する証明書を最初に一度だけ取り込む必要があります。ただし、取り込んだ証明書の有効期限が切れたなどの理由で証明書を更新する場合は再度取り込みが必要になります。

証明書をアプリ内に配置するため、Windows PCまたはMacと対象アプリがインストールされているiOSデバイス(iPhone、iPad)を有線ケーブルで接続する必要があります。

Note

証明書は iOS 標準のキーチェーンサービスによって安全に管理され対象アプリ間で共有されるので、NIコンサルティング が提供している他のアプリで証明書を取り込んであれば改めて取り込む必要はありません。
※他社製アプリはこの共有された証明書は利用できません。

事前にご用意いただくもの

クライアント証明書ファイル
秘密鍵を含む(PKCS#12形式のファイル 拡張子.p12 ※.pfxという拡張子で配布される場合もあります)
および秘密鍵を保護しているパスフレーズ(取り込み時に入力します)
※証明書ファイル名は固定とする必要があり「niconsul.p12」に変更してください。
※パスフレーズが空のものは対応していません。

Mac または Windows PC
証明書をアプリ内に転送するため、Windows PCまたはMacとiOSデバイス(iPhone、iPad)を有線ケーブルで接続する必要があります。

クライアント証明書をアプリに取り込む

  • macOS Mojave 以前またはWindows PCをお使いの場合は、iTunes経由の場合を参照してください。

  • macOS Catalina 以降をお使いの場合は、Finder経由の場合を参照してください。

iTunes経由の場合
  1. 入手したクライアント証明書ファイルのファイル名を “niconsul.p12” に変更します。

  2. MacまたはWindows PCに対象となるiOSデバイスをケーブルで接続し、iTunes を起動します。

  3. iTunes 上で対象のiOSデバイスを選択し、設定の「ファイル共有」を表示します。

  4. ファイル共有のAppから対象アプリを選択し、右側の「(選択したアプリ名)の書類」ビューにファイル名を “niconsul.p12”としたクライアント証明書ファイルをドラッグ&ドロップするか、下部の「ファイルを追加」ボタンからクライアント証明書ファイルを選択しアプリ内に証明書を配置します。

  5. iOSデバイス上で証明書を配置したアプリを起動します。上記操作をする前にアプリを起動していたらアプリの再起動が必要です。

  6. アプリを起動すると、アプリのQRコードを読み込む認証情報画面の下部にクライアント証明書を使用するためのボタンが現れます。これをタップすると証明書のパスワードが要求され、ここで秘密鍵を保護しているパスフレーズを入力してください。

  7. 取り込みが成功すると証明書の識別名(エイリアス名)が設定画面に表示されます。この状態のとき通信時にクライアント証明書を要求される場合に自動的にこの証明書を提示して通信するようになります。

クライアント証明書iTunes経由
Finder経由の場合
  1. 入手したクライアント証明書ファイルのファイル名を “niconsul.p12” に変更します。

  2. Macに対象となるiOSデバイスをケーブルで接続し、Finderを起動します。

  3. Finder 上で対象のiOSデバイスを選択し、「ファイル」を表示します。

  4. ファイル名を“niconsul.p12”としたクライアント証明書ファイルを対象アプリへドラッグ&ドロップして追加します。

  5. iOSデバイス上で証明書を配置したアプリを起動します。上記操作をする前にアプリを起動していたらアプリの再起動が必要です。

  6. アプリを起動すると、アプリのQRコードを読み込む認証情報画面の下部にクライアント証明書を使用するためのボタンが現れます。これをタップすると証明書のパスワードが要求され、ここで秘密鍵を保護しているパスフレーズを入力してください。

  7. 取り込みが成功すると証明書の識別名(エイリアス名)が設定画面に表示されます。この状態のとき通信時にクライアント証明書を要求される場合に自動的にこの証明書を提示して通信するようになります。

クライアント証明書Finder経由
Note
  • クライアント証明書を使う環境でQRコード認証を行う際、QRコード画面をHTTPSで開く必要があります。(これはQRコードに含まれている接続用のURLはその画面を開いたときのURLに応じて作成されるためです)

  • iTunes または Finder 経由でアプリ内に配置した証明書ファイル(niconsul.p12)は自動では削除されません。削除が必要な場合は iTunes または Finder からの操作で削除してください。

クライアント証明書をアプリから破棄する

クライアント証明書が不要になった場合は、以下手順でアプリ内から取り込まれている証明書を破棄します。

  1. アプリ内から証明書を破棄するにはアプリの設定画面内の「証明書の破棄」をタップします。

  2. 確認ダイアログが表示されOKでアプリ内に取り込まれている証明書データが破棄されます。

よくあるご質問

・プッシュ通知が来ない
・認証できない など
詳細やエラーが発生した場合の解決方法など、よくあるご質問は以下のマニュアルを参照してください。
よくあるご質問:スマートフォンアプリ編

サポートデスク

E-MAIL

support@ni-consul.co.jp

URL

http://www.ni-consul.co.jp

FAX

082-511-2226

営業時間

弊社休業日、土・日・祝日を除く月曜日~金曜日 9:00~12:00、13:00~17:00

奥付

○ 商標

本説明書に登場する会社名、製品名は各社の登録商標、商標です。

○ 免責

本説明書に掲載されている手順による操作の結果、ハード機器に万一障害などが発生しても、弊社では一切の責任を負いませんのであらかじめご了解ください。

○ 発行

株式会社NIコンサルティング
2020年9月28日 第2版

NI Consulting

Copyright © NI Consulting Co., Ltd. All rights reserved.